初心者にもわかる!Bitcoin

Bitcoin(ビットコイン)とは?

ひとことで言うと

『インターネット上に存在する仮想通貨』
です!

それって、
電子マネーと一緒じゃないの?と
思う人も多いと思います。

※電子マネーとは楽天Edyやnanaco、Webmoneyなど。

確かにBitcoinを電子マネーと捉えている人もいますが、Bitcoinと電子マネーには決定的に違うポイントがあります。

大きな2つの違いについて触れておきます。

1. 電子マネーには発行元/管理先が存在するがBitcoinには発行責任者がいない
2. 電子マネーは現金の対価として存在するが、Bitcoinはネットワーク内でゼロから生み出される。

Bitcoinと【お金】はどう違う?

Bitcoinというのは

仮想通貨ということはわかりました。
では、
ビットコインと
お金/貨幣には
どのような違いがあるのでしょうか?

まず、
ビットコインと電子マネーの違いでも述べましたが、

現金/紙幣には発行責任部隊の中央銀行などが存在します。

しかしながら、
ビットコインには発行主体が存在しません。

特定の誰かに管理されたものではなく、
複数のIT技術をもったプログラマーが管理し価値/正当性を保証しあっているのです。

現金は中央銀行が印刷する限り
無尽蔵に増やすことが出来る。

一方

ビットコインは最大発行量が決められている。

(2100万ビットコインがMAX)

Bitcoinの特徴

【特定の管理組織がない】

【最大発行数量に限界が決められている】

ビットコインを分かりやすく例えてみる
数量が限られていて
紙幣ではないが紙幣と同等、それ以上の価値がある。

これって何かに似てませんか?

そう!【金やプラチナといった貴金属】
と似ているんです!

金や銀、プラチナといった貴金属は、
金融商品の1つとして高値で取引されていますが

そもそも誰かが発行(=作り出してる)しているわけではないですよね?

そして、
地球上に埋まっている(=埋蔵している)

絶対量は決まっていると言われています。

仮想通貨であるBitcoinと同じです。

『金』に例えると非常に分かりやすく
人間が作為的に作りだしたものではなく、
埋蔵量の絶対量も決まっており、

絶対量が決まっている貴金属に対し
人間が価値を想定していることにより高値で取引されているわけです。

これは貴金属だけでなく
Bitcoinについても全く同じことが言えます。

金や銀はそれに対する人々の信用によって
高い値段で取引が成立しています。

コレに関してはビットコインも同じなわけですが、一度信用が崩れてしまった場合、仮想通貨(=ビットコイン)の価値がゼロになる可能性もあるわけです。

ビットコインは発行主体を持たないので、
この価値の急落に対して誰も責任をとれる存在がないのです。

しかし、最近ではニュースでも取り上げられ
世界的にも【通貨】として認められています。

これから2020年までに何十倍にもなると
言われてます!!

Bitcoinを使えば

紙幣を交換する手数料もかからず

ごくわずかな決済手数料で海外でも可能です!

2020年にはオリンピックがあり

海外からたくさん来日される予定ですよね?

その時までに数多くの店舗がBitcoinで支払い出来るようになるでしょう(*^^*)

現在でも観光地では

店舗がBitcoinの支払を出来るように

設置されてるところも多くなりました!

時代は進んでいきます??

置いてかれないように対策しましょう(*^^*)

2016.12/20現在
Bitcoinの価値は
1BTC 約10万円です。

Bitcoinが500円の時などに購入していた人は
資金が200倍になったということですね!

これからまた2020年までに上がっていくので
持っておいて損はないかと思います!

貯金しておいてもお金は増えませんので??

Bitcoinの買い方はこちら

もっと詳しく知りたい人は

お問い合わせください(*^^*)
お問い合わせ
公式LINE@
友だち追加


Twitterアカウント follow me☆

シェアする

フォローする

Translate »